引越し 人形

引越しと人形

引越し 人形

 

日本ではどこの家庭にも1つは人形があると思います。
ぬいぐるみ、フィギュア、雛人形、五月人形、老若男女みなさん人形を持っているのではないでしょうか。

 

新居に人形を運ぶ際は梱包してダンボールに入れて、新聞紙を詰めて動かないようにしましょう。
雛人形などは上にものを置かないように記載してくださいね。

 

引越しの際に少し処分したいと思うことがあると思いますが、人形は案外捨てにくいものです。

 

人の形をしているものをゴミ袋に入れるのは抵抗がありますし、雛人形や五月人形などの思い入れの強い人形であればなおさらです。
ゴミ袋に入れて捨てる場合は、ゴミ回収の人が驚かないように外からは見えない工夫をして下さい。

 

この方法に抵抗があるなら、人形供養という方法がオススメです。

 

人形供養は神社仏閣で行われており、「人形供養 地名」で検索すれば近くで人形供養をしている神社仏閣を探す事ができます。
もし家の近くに無い場合は、郵送すれば受付してくれるところもありますのでそちらを利用しましょう。

 

供養のための費用を支払い、供養の後でお焚き上げをして焼却してもらうのです。
費用はダンボール1箱単位のところもあれば、1体単位のところもあります。

 

もしガラス箱に入った人形は、処分対象外のところと追加料金を支払えば処分してくれる業者とがありますので確認してください。
ひな壇、ボンボリ、灯篭など電気製品は人形供養の際には対象外の場合があるのでご注意ください。